2007年11月13日

収支 決算

年度の途中で個人事業をしたときの確定申告は?
年度の途中で個人事業をしたときの確定申告は?昨年4月に会社倒産で離職になったのですが、プロジェクトが未完だった為個人で引継ぎました。縁ある会社の口座をお借りして管財人による残金整理後の金額でプロジェクトを完工させました。報酬の中から協力してくださった下請けさんや必要資材等を支払いました。11月に会社設立(新会社法で)させ、そこから役員報酬を受けています。失業保険は受けませんでした。今の会社には倒産した時の人たちがいて、失業保険受給者・再就職者して再度離職(源泉徴収票未受など)等いろんなパターンがあったので契約していただいている会計士さんが「社員の方々個人で申告していただくようにお願いしましょう」となりました。当社の18年支給分は源泉徴収票を渡しております。確定申告の注意点をおしえてください。ちなみに、倒産した会社と今の会社の源泉徴収票は揃いました。引継いだプロジェクトの掛かった支払領収書もあります。倒産した会社への出資金預り証があります。このような状況で中間のプロジェクトに受けた報酬・資材費・人件費等をどのように整理して確定申告すればよろしいのでしょうか。よろしくお願いします。(続きを読む)


収支均衡の決算承認
デイリースポーツ
今夏に徳島で開催されたバスケットボール男子の北京五輪予選兼アジア選手権の組織委員会は9日、徳島市内で総会を開き、収支均衡となる3億2159万6310円の決算を承認した。 入場料収入は見込みより1000万円減の約5000万円だったが、経費削減などで補った。 ...(続きを読む)


ラベル:収支 決算
posted by お小遣い不足の収支君 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。